発電機をバーストナーに積むために、荷室に収まる消音ボックスを作りたいょ!

スポンサーリンク

発電機を設置したい

夏に向けて発電機の設置について真剣に悩んでます。去年はLPガスはほとんどFFヒーターにしか使わないのでガスボンベの収納場所に発電機を入れようとがんばったのですが、がんばってるうちに涼しくなってしまいそのまま…

真ん中のレギュレーター?がなければYAMAHAのEF1600isがそのまま入るんです。

バーストナー LPGAS

夏はFFヒーターは使わないですが温水を使いたい場面があるかもしれないと思うと、発電機を他の場所に設置するしかないのかなーっと(*゚ー゚)

バンテックのi-boxなんてとても良いと思うのですがお高すぎます。 ホンダじゃないしね。

自分で作るか?

箱を作って使うときは外に出してエンジンかけて… は手間なので車内に設置して動かしたい。 でも、一酸化炭素中毒で死にたくなくないな。 今考えてるのはアルミボックスに入れて車内に設置する案です。

万能アルミボックス|園芸・レジャー|住宅機器事業部|ALINCO – アルインコ

最大外寸法(mm) W660×D527×H470 (突起部含む)
製品寸法/幅×奥行×高さ(mm) W650×D450×H470 (突起部含まず)
製品重量(kg) 約6.9kg
税込価格(円)/本体価格(円) オープン/オープン

このアルミボックスのサイズに対してEF1600isのサイズは…とても良い感じ(^。^)

そしてバーストナーの後部の二段ベッド下の荷物置きの寸法は…

バーストナー二段ベット下物置

70cmくらいとアルミボックスを置こうよ!と誘われてる雰囲気。

バーストナー二段ベット下物置

高さもピッタリ。

バーストナー二段ベット下物置

アルミボックスとこの部分に排気と吸気の穴を開けたらいけそう。

バーストナー二段ベット下物置

さぁ、どうする?

アルミボックス買って、ドリルも買わなあかん。 タイガーボードみたいなのもいるし、遮音用のゴムやスポンジも必要みたいし。いくらかかるんだ⁇

そもそも自分でできるのか? 不安やわ(^▽^;)

できる! できない! やれ! やめとけ! などなど、良い案があれば教えてください。

追記 2017年9月10日
発電機を車載しつつ少しでも静音化するためにがんばった記録です(。+・`ω・´)シャキーン

最近気温が高くなってきてるので焦ってきてますが、アドバイスやネットの情報を元に材料は揃いつつあります。ドリルなどの道具も持っていなかったので...
へごへご and 厚い ってことで消音ボックスの排気部アダプター部分を再作成です。 現場監督の厳しいチェックが...
快適&ご機嫌なしめじさん。最近お外で消音ボックスの作成作業中はこの中で現場監督です。 このカートはしめじさんが横になって寝...
しめじ監督の厳しいチェックの元、へごへご消音ボックスがようやく箱のカタチにはなりました。 こんな感じで収まりま...
気温30度の好天の下、汗だくで消音ボックスとしては完成まで80%ほどの進捗率となりました。 なんで80%かって? フタを留めるロックの金具を...
ヤマハの発電機EF1600isをいつでも簡単に使えるように、消音ボックス? 防音ボックス? 収納ボックス? を作りましたが、こうやって見返す...
絶好の実験日和な土曜日、朝8時から排気用の電動ファンとチカラワザで分離させたフードを付けます。 朝からあちー☀︎ ...
毎日毎日暑くて身体から脂が出るのに痩せないのが不思議です(*゚ー゚) 30日土曜日。朝から気温29度。 ...
先日勢いで作ったヘゴヘゴマフラーを引き続き試します。 ずーとテストで夏が終わる予感がしてなりません( ゚ー゚)… 今日も暑いのでしめじ監...
日曜日は朝の涼しいうちに公園へお散歩へ🎾 ヘゴヘゴマフラーはちゃんと奥まで当たっているので排気...
新たに購入したモノは⁉︎ お約束のしめじチェック! まずは、慎重に“さわってみる”   かなーりビビリ気味です。 ...
いろいろ試してきて諏訪湖の花火大会ではなんとか使える感じになり、その後改修を重ねてとりあえず2016年版は完成かな。だって涼しくなってきちゃ...


EF1600iS – 発電機 | ヤマハ発動機株式会社

万能アルミボックス|園芸・レジャー|住宅機器事業部|ALINCO – アルインコ

吉野石膏 | 製品紹介 | 壁材(内装ボード製品) | せっこうボード

スポンサーリンク

飼い主さんが描いてます!

犬(コーギー)の毎日の行動と表情のスタンプです。わんこの定番からコーギーあるあるまで犬好きさんに使ってもらいたいスタンプ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ村ランキングに参加してます。クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 

 

コメント

  1. 池内貞二 より:

    FIATベースのDethleffsの床下にYAMAHA16iSが入るBOXを作りました。自分で設計して、鉄工所で鉄骨を製作してもらい、自分で取り付けました。キャビン下のシャーシーの形状が特殊だったので構造のみ決めて合板でBOXを製作、それを吊るための鉄骨枠を作りました。細かい寸歩取りは鉄工所にお任せして、数回車を預け、本業の合間に造ってもらいましたが、ロードクリアランスも含め車検もOKでした。BOXへは収納だけで、中では稼働させません。排気パイプを付けて吸気と分離すれば、入れたままでも長時間で無ければ問題は無さそうです。そもそも16iSは静かなので、BOXの反対側などでは蓋を開けたままでも余り煩くは感じないでしょう。蓋はヘキサレンチでのボルト締めで埃や水はねを防止しており、雪道を走っても入り込んでいません。

    • しめじ より:

      コメントありがとうございます! 設計できるのがうらやましいです! かなりハードル高そうですがそこまで出来れば快適そうですね! とりあえずがんばってみようという気になってます(^。^)

  2. >作りたいのです
    とめません!頑張ってください!!
    だって作りたいのでしょ(笑)/

    私もGWに工作しようと思っているのですが、技がないのでHONDAの純正を使おうと思います。あとは、吸排気を含めた取り付けをどうするか、、、。構想は膨らんで楽しいのですが、時間とお金がかかりますね。
    車内に収めちゃうなら合板+遮音材の方が小さくできるし加工も楽ではないでしょうか。
    遮音性は重量も大きな要素なので、迷ったら重い材料で。あとは排気側に吸音する空間を設けると良いようです。
    楽しそうですねぇ。頑張ってください(^^)/

    • しめじ より:

      切る、剥がす、壊す、ならチカラワザでなんとかできそうですが… ホンダの純正ボックスは結構重量あるけど静かじゃないようなコメントをよく見かけましたので手を加える楽しみはあるのかもしれませんねー。箱すら作れる自信がなくて、ダメでも雨の日に使えそうなアルミボックスかな?というかなり安易な考えなんです(^▽^;) 寸法をちゃんと測って木材も良いかもですね。土日ににらめっこして考えます!

  3. ノッポ より:

    はじめまして、いつも楽しくブログを読ませて頂いています。
    発電機関連の話題だったので思わず書き込みしてしましました。
    まずは発電機をどの運転レベルで使用するかで出来る事と出来ない事があります。
    エコモード主体で時々フルモードであればボックスに収める事は可能ですがその逆であればボックスに収める事はお勧めしません。
    次にどの程度防音するかによります防音してフルモード主体は自作では無理と思います。
    もし夏場のルーフエアコンを発電機で動かしたいのであればエアコンが発電機のエコモードで使用できるEF2000isのほうが現実的だと思います。

    またEF1600isはエンジン排気部分にエンジンクーリング吸気口があるため一般的なEU16iのような防音ボックスの製作手法が使えない短所があります。

    • しめじ より:

      コメントありがとうございます! 勉強のために何度もチェックしてたノッポさんからコメントいただけるとはΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
      Neo Silent Boxはすごく興味あったのですがエコモードのみと記載がありましたので断念した経緯があります。
      ドメティックB2200とEF1600isの組み合わせではコンプレッサーが動く数秒前にフルモードに変わり、その後コンプレッサーが動きます。その後エコモードに戻る。の繰り返しでした。ただ真夏ではなくまだ涼しい中での実験でしたので気温が30度を超える日中はずっとフルモードになるかもしれません。
      でもフルモード主体だとボックスに収めるのはむずかしくなるんですね(・”・;) なお、EF2000isはいきなりでかくなりすぎて…。
      今回は連続運転を一番の目標としてがんばってみたいと思います!

      • ノッポ より:

        私もバーストナーつながりでいつもブログを拝見してました、これからも宜しくお願いします。

        夏場のルーフエアコンは外気温度と直射日光による熱でおそらくフルモード主体の運転になると思います。残念ながら車中泊でルーフエアコン+発電機の組み合わせはかなり場所を選び制限が発生すると思います。
         
        発電機をボックスに収める際に大きな問題は空冷エンジンの発電機はフルモードでは冷却に余裕がなく、ボックスに収めるとオーバーヒートしやすくなります。逆にエコモードでは冷却に少し余裕があるので防音を組み合わせてもオーバーヒートは避けられます。
         最後に大きな問題は裸の発電機であればエンジン停止後自然放熱しますが、ボックスに収めるとそれが出来ない為エンジン停止後発電機内部の温度上昇が著しく以前私が計測した時は75度以上に上昇しました、燃料タンクやキャブ内の温度上昇でガソリンが気化するので十分に注意して下さい。

        長文ですみません。

        • しめじ より:

          ノッポ様 ありがとうございます! エンジン停止後の放熱のことは考えてもみませんでした(・”・;)
          ガソリン漏れや火事のことを考えるとアルミボックスに入れた方が良いのかなという漠然とした考えでした。
          試行錯誤でやってみたいと思います!

  4. レオじじい より:

    はじめまして
    発電機BOX製作は私も経験しましたが、熱の問題と重い発電機を始動・停止の度に箱から上に持ち上げる、その箱を車に積み込むなど動作を十分検討されてから製作されることをお勧めします。
    参考になれば、私の記事も見ていただければ。
    http://gifucamper.blog.fc2.com/blog-entry-625.html

    • しめじ より:

      レオじじい様 ありがとうございます! その積み下ろしなどを考えると車内に設定したいと思ったのです。レオじじい様のブログも参考にさせていただきます!