クリマ! ポートメッセ名古屋でクリエイターズマーケット Vol.44 “Restart”に参加したょ! 

クリマの愛称で親しまれるクリエーターズマーケット。そのvol.44  ”Restart”が2021年6月26日(土)、27日(日)に名古屋のポートメッセなごやで開催されました。 約半年ぶりのイベントでしたがCogizoiも参加しました。

 

準備

当日午前4時に出店者駐車場が開き、何もなかった会場にも搬入が始まります。

 

vol44のキャッチフレーズは「Restart」です。

 

もちろん最近のコロナ対策のお約束で来場者は事前登録が必要です。

 

今回のCogizoiブースはC-249でした。 出展者ブースマップ→2号館3号館

 

まだまだ開店準備中のオープンちょっと前

 

コロナ対策で多くの商品をクリスタルパックに入れました。

 

ちなみに展示テーブルとして使用しているのはこちらです。

 

これの代わりにホームセンターで2×4材を使ってます。

 

広告

 

お留守番準備

しめじと角刈りはイベントの間はキャンピングカーでお留守番です。 この日は気温はさほどでなかったのですが湿度が高くずっとエアコンを動かしている状況のため発電機を使用します。 だって夜間のためにリチウムバッテリーは温存しておかないとね! なかなか使うことのなかったガソリンも減らせたのでラッキー!

 

このときは家庭用エアコンはリチウムバッテリーではなく発電機に接続し100Vをとっています。 イベントでお留守番になると移動がなく、リチウム充電用のソーラーもないので発電機を利用してリチウムバッテリーに充電ができるのは便利。 だいたいイベント会場は周りもうるさいし、住宅もないし発電機も問題ありません。

 

エアコン稼働で856Wです。 1600VAの発電機なので、このままリチウムバッテリーの充電器を動作させるのは厳しいと考えてエアコンの消費電力が落ち着くまで待ちます。

 

しばらくしてエアコンの消費電力443Wと落ちついてきたので…

 

リチウムバッテリーの充電器のスイッチを入れて充電開始です。 合計1313Wです。 発電機にはエアコンと充電器が稼働中です。

 

使用している発電機はヤマハのEF1600isです。2016年に収納と消音を兼ねて作成した箱の中に入っています。

 

リチウムバッテリーの充電器はCOTEKを使用しています。100Vから最大50Aでバッテリーを充電できます。 取り付け方がわからなくてワンゲインに質問してはや1年です。

COTEK (コーテック)高性能充電器/3段階充電(IUoU特性)マイコンハイテクチャージャー 最大出力電流50A/出力電圧12V CX-1250
COTEK(コーテック)
型式 CX1250 バッテリー種類 鉛蓄/リチウムイオン/ニッケル/AGM 定格充電電流 50A 主出力 3 ESB出力 なし 効率(交流230V時) 87% 寸法(mm) 213(W)x77(H)x272(D) 重量(kg) 3.1

 

コロナ禍で活躍の場の少ない1年でした。

それにしても水平じゃないこともあるのか3WAY冷蔵庫が全然冷えない。 エアコン同様に家庭用冷蔵庫に入れ替えたい。

 

広告

 

周辺散策

ポートメッセ新館

一日中キャンピングカーの中に引きこもってるわけにもいかず、数時間ごとにしめじとお散歩です。気になっていたのはコレ。 かなりデカイ。

 

なんとポートメッセ名古屋1号館! すごいの作ってます。

 

2022年には供用開始なのかな? 新館1号展示館「日本最大級の無柱空間2万㎡」とありますがまったく想像できてません。

 

完成予想図。

 

広告

 

金城ふ頭

川崎汽船が運行する車両積載台数約7500台のDRIVE GREEN HIGHWAY号がいました。 参考までにジャパンキャンピングカーショーの会場で使用される幕張メッセのP1平面駐車場が5500台の収容台数ですからすごさがわかります。

 

2016年竣工なのでまだまだ新しい船です。

川崎汽船は世界最先端の船舶技術を結集して、究極の省エネと環境保全を追求するための『DRIVE GREEN PROJECT』を立ち上げました。このフラッグシップとして、7,500台積み自動車運搬船「DRIVE GREEN HIGHWAY」をジャパン マリンユナイテッド株式会社にて建造を進め、2016年2月に竣工しました。

 

全長199.99m、幅37.5m、高さ38.23m、喫水9.925mという大きさ。中は13階建駐車場状態!

 

飛行機情報を確認できるFlightradar24は有名ですが、船の情報を見られるMarineTrafficも有名です。スエズ運河の大型コンテナ船座礁事故のときもこれで確認してました。

 

金城ふ頭中央緑地から見ていたこともバレてます。

 

営業してるのかよくわからなかった水上バス。 大きな看板と記念撮影。

 

2020年秋に新船舶導入ってことなので非常に興味があります。

 

広告

 

そして…

金城ふ頭中央緑地から 振り返るとヤツがいる!

 

思い出も残したら、富山へ向けて出発です。

 

 

コメント