AppleのAirTagをペットで使った時の位置情報はこんな感じ!

スポンサーリンク

購入予約後にペットに付けることは想定しないというコメントがでちゃったAirTagが発売日の4月30日に到着しましたので位置情報を確認して遊んでみます。

空っぽ?

AirTag到着です。 小さめの箱で届きました。

Apple AirTag到着

 

箱を開けると… あれ?空っぽ??

Apple AirTag 開封

 

ちゃんと入ってました。

Apple AirTag 開封

 

じゃーん! AirTagが4月30日の発売日に届きました。

AirTag
あなたの鍵やリュックなど、毎日よく使う物にAirTagを取りつけると、「探す」アプリで簡単に探し出せます。

Apple AirTag 開封

 

スポンサーリンク

 

ちいさっ!

小さいながらもしっかりAppleを感じさせるパッケージです。

Apple AirTag 開封

 

パッケージには書かれていませんが対応機種とiOSのバージョンに注意です。

iOS 14.5以降を搭載したiPhone SE、iPhone 6s以降、iPod touch(第7世代)、iPadOS 14.5以降を搭載したiPad Pro、iPad(第5世代以降)、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降が必要です。

 

さらに!ピンポイントで見つける機能はiPhone11以降が必要です。

「正確な場所を見つける」機能に対応するデバイス:
iPhone 11
iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
iPhone 12、iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

Apple AirTag 開封

 

開けると両サイドが説明書になってます。今までApple製品で商品のパッケージに説明書きがあったことあるっけ? ちょっと違和感あります。

Apple AirTag 開封

 

Apple StoreもAmazonも同じ価格で1個3,800円(税込)、4個12,800円(税込)です。

 

立体的なパッケージです。弱い両面テープで固定されてます。

Apple AirTag 開封

 

大きさ比較はiPhone12Proのカメラ部分。思っていたより小さいです。

Apple AirTag 開封

 

スポンサーリンク

 

設定開始

近くにあると自動的に認識されます。AirPods ProやHomePodと同じ挙動です。

Apple AirTag 設定

 

プリセットされた名称を使うか自由な名称をつけることができます。

Apple AirTag 設定

 

このiPhoneの位置情報を共有してAirTagのその他の機能を有効にします。

Apple AirTag 設定

 

このAirTagをApple IDに登録します。ひとつのAppleIDで16個まで登録できるそうな。

Apple AirTag 設定

 

しめじのAirTagの誕生です!

Apple AirTag 設定

スポンサーリンク

しめじのAirTagを探す!(おうち編)

探すAppで表示するとおうちにあります。💩マークが「しめじのAirTag」です。

Apple AirTag 探す

 

「正確な場所を見つける」機能に対応していれば「ここ」って教えてくれます! コレはおもしろい。

Apple AirTag 探す

 

試しに2階でウロウロしてるのを1階で見てると、見つけたり

Apple AirTag 探す

 

見失ったりを繰り返します。

Apple AirTag 探す

 

捕捉していると距離が表示されます。

Apple AirTag 探す

 

「持ち物は移動していて、正確な位置情報を特定できません。」という表示。ここからも追跡目的でAirTagを子どもやペットに使うべきでないって発言はこのあたりからも推察できます。

Apple AirTag 探す

 

スポンサーリンク

 

しめじのAirTagを探す!(お散歩編)

しめじのお散歩を兼ねてAirTagを握りしめてお散歩です。 自宅では奥さまがiPhone12Proで確認係です。

 

出発後ずっと「信号を探しています。別の場所に移動してみてください。」の表示が続きます。 この時の時刻は10時41分ですがお散歩開始は10時33分頃なので8分くらい経っています。

 

「しめじのAirTag」検知したのは出発してから13分くらい経ってから。 なお、アイコンの💩は自分で設定可能です。 この検知に角刈りのiPhoneが使われたのか、見知らぬ人のiPhoneが使われたのかはわかりません。

 

見つけた場所へは経路案内してくれますが、もちろんお散歩してるのですでにその場所にはいません…。

 

さらに10分ほど経っても💩(AirTag)の場所は移動せず。

 

スポンサーリンク

 

誰かのAirTagを持ってる場合のセーフティ通知 追記2021/05/05

私が使用しているのはiPhone 7Plus・iOS14.5です。

奥様が所有者設定のAirTagを持ってしめじと蜜を避けてドライブしてきました。 密どころか人がいない…

 

自宅について気づいたのですがこんなセーフティ通知が表示されました。「現座、このAirTagの所有者はあなたの現在地を見ることができます」という通知です。 知らないAirTagだったらこわすぎです(||゚Д゚)ヒィィィィ

 

「続ける」と軌跡が表示されます。車で走っていますので結構短い間隔で位置を把握できるようですが時刻は表示されません。 (点が飛んでる部分は国道148号線でdocomo回線が圏外だったのかも?) ちゃんと地図の拡大もできており、ほぼ正確にバレます。

 

見つけたAirTagに近づけると詳細が確認できるようですが、今回はすでに所有者のiPhoneが近くにあったためか詳しい情報を見ることができませんでした。

 

AirTagのストーカー対策機能と思われますが、毎日「あなたが所持中の見つかった持ち物」をチェックする人が増えそうです。

 

Appleも犯罪に使用されるかも?ということは考えているらしくAirTagを無効にする手段としてバッテリー(ボタン型電池)の取り外し方を紹介しています。 それにしても「身体の安全が脅かされていると感じた場合は、最寄りの法執行機関/警察に報告してください。」という注意書きもこわい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のテストでは角刈りがiPhoneとAirTagの両方を持ってお散歩しているので、いつでも位置情報の更新はできるはず。 でも今回は10分程度では位置情報は更新されませんでしたので更新頻度はあまり高くないみたい。 追記(2021/05/05)iPhoneとAirTagをセットで持っている際は移動速度で更新頻度は変わるのかもしれません。車移動ではかなりの更新頻度でした。
何分ごとに更新かは表示されませんがiPhoneを持たずにAirTagだけを子どもやペットなどに持たせた場合にiPhoneを持つ人が多い人混みで位置情報を細かく把握できても、対象が移動してしまうと行ったときにはもういない状況になります。 でも、病院や警察などに保護された後であれば移動も少ないし、iPhoneを持つ人も多くいると思われるので意味がないとは思いません。
ただ、持ち主から3日経つと音がなるそうなのでペットに持たせて行方不明になってまだ保護されていない時に音が鳴るとパニックになるかもしれない点は要注意かも。

しめじ様のためにAirTag Hermèsをプレゼントできるように働こう❤️

 

 

コメント