コーギーのしめじがキャンピングカーのキャブオーバーベッドを紹介します。

キャンピングカー

最近のモーターホームでは見ることが少なくなったアルコーブシルエットを持つバーストナーA576。後部の二段ベットは使うことがほとんどなく、寝る時はこのキャブオーバーベッドでお休みします。

 

大型のキャブオーバーベッド

バーストナーA576にはかなり大型のキャブオーバーベッドがあります。 日本ではバンクベッドと呼ぶ方が馴染みがあると思います。 これのおかげで車高が3.2m近くあり通行時は幅だけでなく高さも気にする必要がでてくるのです。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

バンクベッドでも間違いではないと思いますがマニュアルに「Cab OverBed」とあるのでキャブオーバーベッドで進めていきます。

キャンピングカーの耐荷重について調べていたらものすごい勘違いに気づいた!(^▽^;)

キャンピングカーの耐荷重について調べていたらものすごい勘違いに気づいた!(^▽^;)
バーストナーの説明書にある耐荷重について調べていた時に、モーターホーム のある部分の名称を間違って使っていたことに気づきました…( ▽|||) バーストナーA576の場合はALCOVE BEDSとBUNK BEDSがあります。 Maxi...

 

リーゼント≒ちょんまげ≒アルコーブで英語とドイツ語だとこんな感じ。

Alcove(英語)
Alkoven(ドイツ語)
そしてBUNK BEDSはバンクベッドで二段ベットのこと。

 

 

しめじも一緒に寝ます。

普段でも角刈りとしめじは一緒に寝ていますがバーストナーでも一緒に寝ています。マットレスの上に陣取るしめじ監督。真顔です(^▽^;)

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

さすがに飛び降りられる高さでもなく、短い足では階段を降りることもできないので写真を撮ってないで早くおろせと言わんばかりの真顔です…。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

一応寝てるときは転落防止ネットを使用します。落ちたら痛いからね。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

微妙なサイズ

シングルベッドサイズのマットは横はぴったり。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

ただ、シングルベッドだと奥行きが足りないのよね。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

結構気に入っているこのマット。 でももう1個買っても2個並ばないことは実際にやらなくても見たらわかるかな。

 

 

同じマットの方がゴロゴロした時に違和感なくていいんだけどな(*゚ー゚)

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

奥行きを測ると160cmなのでベッドマット幅が90cmだとすると、あと70cmほど。

bustnerA576キャブオーバーベッド

 

 

やってみよう

今年はお出かけの回数も増えそうだし、マットレスが再販されたらもう1個買って切ってみるかな。

 

 

コメント