スポンサーリンク

キャンピングカーの耐荷重について調べていたらものすごい勘違いに気づいた!(^▽^;)

キャンピングカー
スポンサーリンク

バーストナーの説明書にある耐荷重について調べていた時に、モーターホーム のある部分の名称を間違って使っていたことに気づきました…( ▽|||)

バーストナーA576の場合はALCOVE BEDSとBUNK BEDSがあります。

Maximum Permitted Payloads

バーストナーのマニュアルを見ていると、ちゃんと場所ごとに最大積載量が設定されていることに気づきます。 こういうところはやっぱりヨーロッパ車はしっかりしてるなと思います。

Description Load (kg)
Overcab bed 200
Pull-down bed 200
Bunk bed 100
Roof load 200
Rear garage and rear storage space 200
Bike rack Double 60
Bike rack Triple 60
Load rack (AL-KO) 150
Load rack (SAWIKO) 130

 

スポンサーリンク

 

間違いに気づいた! (゚д゚)ハッ!! 

カタログや説明書を見てて気づいてしまいまいた。リーゼントばっちりのバーストナーに乗り始めて約4年。ずっと勘違いしてました…( ▽|||)

burstner A576

 

 

リーゼント≒ちょんまげ≒アルコーブで英語とドイツ語だとこんな感じ。

  • Alcove(英語)
  • Alkoven(ドイツ語)

そしてBUNK BEDSはバンクベッドで二段ベットのこと。

 

え? あれ? あれれ?  (゚д゚)ハッ!! 

勘違いしてた!!

ずっとリーゼント部分のベットをバンクベットと思ってました…( ▽|||)

 

 

ALCOVE BEDS

階段を上がってALCOVE部分にあるベッドに行きますが、この部分は運転席の上になるのでOvercab bed/200Kgになるのかな。(不安…)

Overcab bed

 

 

最新カタログのALGOSの紹介はこんな感じ。 実際に上で何か食べるか?といわれると困りますが大人二人がゴロゴロしてても窮屈さはありません。

Overcab bed

 

 

BUNK BEDS

最近のヨーロッパ車には二段ベッドのモデルが少ない気がします。 A576の二段ベッドは十分広く、大人と子供なら並んで寝ることができると思います。 Bunk bed/100Kgだしね。

Bunk bed

 

 

当時のカタログから。

Bunk bed

 

 

Pull-down bed

最近は天井部分からベッドが降りてくるタイプが多いです。 Pull-down bed/200Kgなのでしめじなら20匹いても大丈夫❤️

Pull-down

 

 

クイーンサイズの常設ベッドでプルダウンベッドはお客さん用っていう組み合わせもあるのかも。

queensizedbed Pull-down

 

 

修正の日々が始まります。

ずっと勘違いして書いてたのでがんばって訂正します(ノ_・。)

教訓。情報は正確に。

 

 

コメント

  1. さあらのパパ より:

    Bankは高くなっている所。棚。長テーブルという意味なので、どちらも間違いではないと思いますよ。
    ただ日本でバンクベッドと言うと運転席の天井のバンク部分を指して言う人が多いですネ。一般の英語としては2段ベッドの事を言いますけど、業界の方言という事で良いのではないでしょうか。
    (ただし、海外では通じない、、、)

    • しめじ より:

      そうなんですよ! 私が言い出しっぺじゃないから誰かがというかみんなそう言ってるんですよね(^▽^;) 最初アメリカ英語とイギリス英語のジャンパーみたいなもんかと思ったけど日本の業界用語ですよね〜(*゚ー゚)