スポンサーリンク

2019年12月には富山駅の駅前駐車場が無くなってしまうっぽいょ!

角刈り
スポンサーリンク

もともと暫定駐車場でしたが富山駅南西街区市有地活用事業が決まり、2019年12月工事着工、2022年春の開業を目指すそうです。 そう、来年末には駅前駐車場がなくなるっぽいです。

富山駅の駅前駐車場がなくなる

とうとうその日がやってきます。 1年後の2019年12月には駐車場がなくなります。

富山駅付近連続立体交差事業

 

 

たびたび状況をお伝えしていた駅前駐車場の場所にホテルと商業施設ができるのです。

JR西日本不動産開発株式会社を代表企業とするグループ(JR西日本不動産開発株式会社、富山ターミナルビル株式会社、株式会社ジェイアール西日本ホテル開発)は、富山市が実施する「富山駅南西街区市有地活用事業」において優先交渉権者に選定されましたのでお知らせいたします。
本プロジェクトでは、市有地を含む富山駅南西街区が富山駅周辺整備事業の土地利用方針において「賑わい拠点ゾーン」に位置付けられていることを踏まえ、「市民と来街者と旅人が集い交わる、活力あふれる駅前区間」を開発コンセプトとし、商業・宿泊並びに駐車場機能の導入と共に南口駅前広場と一体的に賑わいを創出するテラス空間を計画することで、活力あふれる土地利用の増進と高度化を図ってまいります。

 

 

「市民と来街者と旅人が集い交わる、活力あふれる駅前区間」がこちら。

富山駅南西街区市有地活用事業

 

 

実際に完成すると路面電車の架線が多くて写真撮影ポイントに困るはず(੭‾᷄꒫‾᷅)੭

富山駅南西街区市有地活用事業

 

 

施設概要では1階〜4階に60店舗ほど商業施設が入る予定で、4階〜12階までが190室を備えるホテルになるらしい。  そして立体駐車場が1階〜5階で400台分。

事業敷地 市有地 約 4,208 m²に、民有地 約 3,822 m²を加えた一体利用
民間施設 敷地面積 約 7,930 m²

鉄骨造 12 階建 建物延床面積 約 40,000 m²

商業施設 1~4F ・物販店、飲食店、サービス店 約60店

ホテル 4~12F
・客室約 190 室、温浴施設、飲食店

駐車場 1~5F 立体・屋上自走式、約 400 台分

公共施設 (交番) 敷地面積 約100m² (新幹線高架下) 県(県警)が事業

 

 

富山駅前の土地ですが地代10,045円/m²で30年契約のようです。 なお、平成30年の富山駅周辺の基準地価は193,000円/m²〜555,000円/m²ほどで、金沢駅周辺だと415,000円/m²〜1,000,000円/m²でした。 平成30年公示価格1位の銀座4−5−6の55,500,000円/m² ってなんなんだ… (゚д゚)ハッ!!

契約形態

事業用定期借地権設定契約

契約期間

30 年間(2019 年 12 月~2049 年 11 月)

地代

10,045 円/m²・年(年間地代 約 42,270 千円)

 

 

気になるスケジュール

2018年12月に設計着手、2019年12月に工事着手、2022年春開業予定となっています。

契約期間の切れる30年後が気になりますが、その頃にはもう生きてないかもな(*゚ー゚)

 

・富山駅南西街区市有地活用事業に係る優先交渉権者の決定について(PDF

・富山駅南西街区市有地活用事業に係る優先交渉権者に選定

富山駅南西街区市有地活用事業に係る優先交渉権者に選定:JR西日本
JR西日本ホームページ

 

スポンサーリンク

 

もちろん富山駅も絶賛工事中。

以前、北陸のサクラダファミリアでも目指してるの?と書いたことのある富山駅。 もちろん現在進行形で工事中です。 予定ではあいの風とやま鉄道(旧・JR北陸本線)の下りホームが高架に切り替わる頃だけど、実際は2019年3月に切替えが完了予定。 そして、この部分の目的だった路面電車の富山駅正面と富山駅北口の南北接続が2020年3月には完成予定らしい。

富山駅付近連続立体交差事業

 

 

富山駅付近連続立体交差事業はずっと続く。

 あいの風とやま鉄道が高架に載っかることで、ようやく1・牛島蜷川線と2・富山駅南北線の工事を始められます。 はい。そうです。 ずっと工事中です。
 
富山駅付近連続立体交差事業

北日本新聞さんからのいただきもの

 

 

Googleマップで見るとこの部分。 1・牛島蜷川線は2023年に平面化予定、2・富山駅南北線は2021年の完成予定らしい。

富山駅付近連続立体交差事業

 

 

1・牛島蜷川線。 新幹線ホームの端が見えます。 この道路を進むと富山県美術館です。
 

 

 

富山駅南北線 ここが繋がると富山駅正面側と北口側の行き来がずいぶんラクになります。

富山駅付近連続立体交差事業

 

 

富山地方鉄道側の3・富山駅横断東線、4・堀川線、5・区画街路第503号線なんてまだまだ先。 ようやく国・富山県と富山地鉄の高架化費用負担で話し合いがまとまって2019年から工事開始らしいもの。

富山駅付近連続立体交差事業

 

 

この富山地方鉄道の高架化工事が7年ほどかかる見込みらしく、それが終わって3,4,5の道路工事が始まって終わるのがさらに3年後くらい?

角刈りは何歳になってるんだ(*゚ー゚)?

 

 

コメント