スポンサーリンク

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリーとインバーターで電子レンジと家庭用エアコンを動かしてみるょ!

スポンサーリンク

本格的なお出かけ解禁に向けてキャンピングカーに搭載している電子レンジと家庭用エアコンの動作確認です。 この実験で赤いリポバッテリーとDC-ACインバーターを買い替える決心がつきました。

 

LiPoとLiFePO4バッテリー

怪しいながらも楽しませてくれた赤いリポバッテリーですが、本格的に活躍してもらうはずだったイベントもコロナ禍の中で中止が相次ぎ2月の幕張キャンピングカーショー以降おでかけがありません。 そんな中、LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)をいただいたので実験です。

LiFePO4バッテリー

 

むかーし購入したオウルテックのDC-ACインバーター。 無負荷電流0.1Aです。

OWM-10

 

バーストナーからは切り離し、100Vの扇風機だけを使います。 インバーター+扇風機で1.7Aですので20W程度の消費電力になります。

バッテリー実験

 

100Aのバッテリーなら単純計算で59時間弱ですが実際にはインバータの対応電圧範囲があるので全量は使えません。 また今回の実験は予想が多くかなりてきとーな実験です。 さらにLiFePO4は何%くらい充電できていたのか不明です。 ※付きは実験はしておらず計算上となりますが、赤リポが100%充電されていて0%まで使用できたとしても容量は51Aくらいという結果になります。LiFePO4の満充電電圧が(14.5Vや13.8Vなど)不明ですがバーストナーのソーラーで充電できる13.6Vでもインバーター の制限電圧に下がるまでの17時間半は使えそうです。 赤リポにはモバイルバッテリーになってもらおうかな…。

経過時間 赤リポ(残量) LiFePO4
12.14V(98%) 13.6V
1時間30分 11.92V(90%)  
3時間30分 11.7V(83%)  
5時間30分 11.5V(76%)※ 13.1V
7時間30分 11.3V(69%)※  
9時間30分 11.1V(62%)※  
11時間30分 10.9V(55%)※ 12.0V
13時間30分 10.7V(48%)※  
15時間30分 10.5V(41%)※  
17時間30分   10.4V※

 

スポンサーリンク

 

比較したバッテリー

右が自称150Aの赤リポで、左がいただき物のLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリーです。 乗用車のバッテリーと入れ替えできるサイズ。 自動車のバッテリーと入れ替えが前提ってことは充電もオルタネーターが前提だろうし、クランキングできるってことは瞬間的な高負荷にも耐えられるってことだろうしすごい良さげ。 さあらパパさんに感謝です。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

自動車バッテリー互換サイズと独自サイズ。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

赤リポは100%時の電圧が11.9V

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

PowerStartと書かれたLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリーは13.2v

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

スポンサーリンク

 

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリーの設置

さっそく設置です。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

このレイアウトはケーブル長がたりない…

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

軽いしインバーターの上でもいっかな。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

電圧がわかるメーター付きですが残量はわかりません。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)

 

スポンサーリンク

 

電子レンジを動かしてみる

電流を測りつつ、電圧も測りたいのでテスターも登場です。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)と電子レンジ

 

こんな感じで計測します。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)と電子レンジ

 

電子レンジ稼働中。 「ちーん」という安っぽい電子レンジの音も入ってます。

 

電子レンジ稼働中は95.9Aで1078W! (||゚Д゚)ヒィィィィ

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)と電子レンジ

 

スポンサーリンク

 

家庭用エアコンを動かしてみる

家庭用エアコンのスイッチを入れてからエアコンから本格的に冷風がで始める直前くらいにインバーターが落ちました。

 

エアコンをONにすると、12.2A、13.6V、24Wの表示

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)とエアコン

 

冷風が出始めるまでの準備段階①は20.1A,13.5V,46Wの表示

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)とエアコン

 

冷風が出始めるまでの準備段階②は18.2A,13.6V,88Wの表示。いよいよか!?

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)とエアコン

 

ピーーー! 警告音でエアコン稼働せず。 ワットメーターはエラーで停止しても11.2Aの電流は流れてる? 電圧は13.6Vと変わらず。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)とエアコン

 

エアコンが起動しなかった理由はエアコンのオーバーロード。 2000Wのインバーターですが片側のコンセントが使えないなど様子がおかしいのはわかってましたが2000W使えないのはまさかでした。 これでDC-ACインバーターの購入も必要となりました。

LiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)とエアコン

 

電子レンジで1078Wまで使えることは実験でわかっていましたし、発電機とエアコンをつないで稼働させた時に900W台で動作していることも確認済みだったのでオーバーロードとはこれいかに。

インバーター冷暖房除湿タイプ ルームエアコン CS-228CFR
冷房能力 2.2(0.5~2.8)kW
畳数の目安 6~9畳(10~15平方メートル)
消費電力 635(135~720)W

 

スポンサーリンク

 

まとめ

走行充電は諦めるとしてもLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリー、充電器、インバーターの一式を揃えようとするとお国からもらった10万円で考えると… 10人家族くらい必要かも。

 

 

コメント

  1. さあらのパパ より:

    このインバーターはSinePower2000の様ですね。瞬間最大4000W、2200Wを10分間出せると言う仕様なので、普通なら使えそうですね。もしかすると、片チャンネルが死んでるのかな?
    先ずはインバーターを買わなくちゃですね(汗;)
    茶バッテリーですが、EBLでも走行充電できると思うので、試して見てください。

    では健闘を(^^)/

    • simejisway より:

      ありがとうございまーす!
      2、3ヶ月前のお話がようやく登場しました(^▽^;)
      茶バッテリーはいいですね! 何の心配もなく使ってます!
      先日のお話の通りでバーストナー側用として使っていくつもりです。 
      インバーターは動くはずなんですよねぇ。1000W超えの電子レンジも動いてますし。
      エアコンもフル稼働時に1200W超えてくるならわかりませんけども。
      インバーターで15万むりなので55Hzかな…(*゚ー゚)
      エアコン、レンジ用リチウム欲しい!