スポンサーリンク

新湊きっときと市場へ深海魚リュウグウノツカイの「干物」を見に行くょ!

観光
スポンサーリンク

富山県では2018年秋以降、深海魚のリュウグウノツカイが相次いで見つかっています。 今回、新湊きっときと市場で干物にされたリュウグウノツカイが展示されてるってことで見に行きます。

 

それは射水市海王町にある。

富山県では数少ないドライブコースかもしれない新湊大橋です。 富山マラソンの時はコースになります。

新湊大橋

 

 

橋の上からは海王丸パークも見えます。

新湊大橋

 

 

新湊大橋からも新湊きっときと市場が確認できます。

新湊大橋

 

 

特徴的な建物の新湊きっときと市場です。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

場所はココ。

 

スポンサーリンク

 

リュウグウノツカイの干物

はい。話題になってます(๑′ᴗ‵๑)

リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus glesne)は、アカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。リュウグウノツカイ属に含まれる唯一の種とされている。後述するように特徴的な外見を有する大型の深海魚で、漁獲されたり、海岸に漂着したりして話題となることがある。 Wikipedia

 

 

これがリュウグウノツカイの干物。 富山湾の新湊沖で定置網にかかったお方。

 

 

長いです。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

全長382cmもあるそうですが、生きてた時なのか干物の長さなのかは未確認です。 干物にすると縮まないのかな(*゚ー゚)?

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

絶賛販売中

館内の様子です。 観光、買い物のお客さんで賑わってます。

 

 

氷見の道の駅とはちょっと雰囲気の違うお魚屋さん。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

御希望のお魚はすぐ調理します。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

桜ますってお高いのね!

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

ベニズワイガニもいます。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

屋内にはバーベキューコーナーもあります。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

入り口付近では、ホタテ貝バター焼きがあり写真の奥では食べてる人がたくさん。

リュウグウノツカイの「干物」

 

 

おまけ

販売はしていませんが、でっかいスルメもいます( ゚∀゚)アハハ

 

 

公式は

新湊うまいもん株式会社(施設名 新湊きっときと市場)

新湊きっときと市場|新湊うまいもん株式会社
とやまの真ん中に、待望のフィッシャーマンズワーフ誕生!! とやまの自慢、きっときとな新湊の魚を直送しています。また、日本海、海王丸、立山連峰の眺望が楽しめるレストランや、色々なイベントを開催しています。

 

新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」は“富山湾の宝石”と称される白エビをはじめ、ベニズワイガニ、ほたるいか、ブリ、ズワイガニ、バイガイなど新湊漁港で獲れたての海の幸が豊富に提供できる 海鮮市場です。
また、館内の海鮮レストラン「きっときと亭」は朝獲れの魚介類をつかった自慢の魚料理も味わえます。そのほか、館内では特産の海産物や里の幸、お土産品など豊富に揃えています。

 

住所|〒934-0023 富山県射水市海王町1番地
TEL:0766-84-1233 FAX:0766-84-1244
開館時間|9:00〜17:00(時期により異なります)
休業日|年中無休
駐車場|470台(大型20台、来客用365台)

 

 

コメント