古いバッテリーだと速度が遅くなると話題のiPhoneのバッテリーを交換修理してみたょ!



2017年の年末からアップルが古いバッテリーを使っているiPhoneのパフォーマンスを落としていると話題になっていますが、さっそく交換プログラムを利用してみました。

アップルの言い分

iOSのバージョンが上がるたびに持っているiPhoneの反応速度が遅くなるとは感じていましたが、あくまでもiOSが重くなった(負荷が高くなった)ことで最新型でない角刈りのiPhoneにはつらいのかなぁ? と思ってました。 Windowsだとよくある話だしね。

たとえば写真を撮りたくてカメラアプリを起動しても、起動が遅くて立ち上がったときには何撮んねん( º言º` )って感じ。 角刈りはiPhone6ですが新しい中古でも買おうかなと真剣に考えてました。

そんな中でのアップルのニュース。現在はこのような案内がアップルから出ています。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス

iPhone のパフォーマンスとバッテリーとの関連性についてご説明します。

バッテリーを変えれば速くなるとな! (゚д゚)ハッ!!

予期しないシャットダウンを防ぐ

Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートでiOSは、シャットダウンを防がなくてはならない状況下で、一部のシステムコンポーネントの最大パフォーマンスを動的に管理するようになりました。ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります

iOS 10.2.1は予期しないシャットダウンの発生を減らすことができたため、お客様から好意的な反応をいただきました。私たちは最近、iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも広げています。

もちろん、化学的に古くなったバッテリーを新しいものと交換すると、標準的な条件下で操作を行った際のiPhoneのパフォーマンスは正常に戻ります。

3200円ならもし効果がなくてもいいや!

お客様の懸念への対応

お客様の懸念に対応し、お客様によるご愛用に感謝すると同時に、Appleの意図に疑問を抱いたすべての方の信頼を取り戻すために、私たちは以下の対応をとることを決定しました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。これにより、ユーザーはバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているかどうかを自分で確認できるようになります。

Appleのチームはこれまで通り、お客様の体験をさらに良いものにするための取り組みを続けます。これには、バッテリーの経年劣化に伴うパフォーマンスの管理方法の改善と、予期しないシャットダウンを防ぐ対策の強化が含まれます。

ココ重要です。不具合のうち「どれかだけ修理」は基本的にアップルにはないのです。

iPhone のバッテリーと電源の修理料金
まず、お預かりした iPhone を検査し、バッテリーに問題があるのか、それとも電源関連の別の問題があるのかを診断いたします。この診断結果と、問題が製品保証や AppleCare+ の対象になるかどうかによって修理料金が決まります。

Apple 製品限定保証では、バッテリーの欠陥は保証対象ですが、通常使用による劣化については保証対象外です。 

AppleCare+ にご加入の場合は、バッテリーの蓄電容量が本来の 80% 未満に劣化した時点でバッテリーを無償交換いたします。
バッテリーを交換する必要があるが、お使いの iPhone が保証対象外の場合は、バッテリーサービス料金がかかります。詳しくは下記料金表をご覧ください。
お使いの iPhone に電源関連の別の問題が見つかった場合は、原因を特定した上であらためて修理料金をお知らせいたします。



アップルに電話する

今回、角刈りはギズモードさんの記事を見てサービスが始まっていることを知ったので、同じような手順をとりました。

ちょ〜っとコンディション悪くなってきたかなぁ…。と思ってた最中の出来事でした。年末から話題になっている古いiPhoneでの性能低下問題。Apple...

Apple サポートへのお問い合わせ

Contact Customer Support

1.バッテリー、電源、および充電 を選ぶ 
iPhoneバッテリー交換

2.ギズモードさんは「予期せぬ終了/再起動」を選ばれたようです。「バッテリー交換」じゃだめなのかな?

iPhoneバッテリー交換

3.そもそも電話する必要があるのかな?角刈りは電話しました…(*゚ー゚)

iPhoneバッテリー交換

注意としては該当のiPhone 1台につき1回しかできないくらい。

iPhoneバッテリー交換

ギズモードさんが電話していたのでバッテリーの交換には受付が必要なのかとおもってましたが、おそらく電話は不要でいきなりジーニアスバーやApple正規サービスプロバイダに行っても良かった気がします。 角刈りは電話をしたことでアップルの方と1時間以上話すことになりました…。

「バッテリーのテストで80%以上あるので交換する必要はない。“バッテリーの交換が必要な”と書いてあるのはそのため」

「バッテリーの交換は修理扱い。バッテリーのテストする際にiPhone本体のテストも行うが、その際に他の不具合も見つかった場合、全て修理するか、全て修理しないか選択する必要がある」

などなど。 結局バッテリー交換プログラムについて、そのときはまだアップル内でも対応の一本化ができていなかった印象でした。 もちろん今回の交換プログラムにおいては両方とも問題なしです。 疲れました( ▽|||)

富山に直営店なんてないょ

富山どころか北陸で探しても直営店なんてありません。 Genius Bar?なにそれおいしいの? 状態です。それでも以前に比べればカメラチェーン店がApple 正規サービスプロバイダを始めたことで環境はよくなりました。

Apple 正規サービスプロバイダへは予約して行きました。今回はアップルの電話担当者から連絡がいっていました。

まずはサービス用MacBook AIRに繋がれてなにかしらテストをされました。ずーっとかちゃかちゃ入力されてました。 その間に渡されたiPadに表示されている、いろいろな同意項目にチェック入れたりサインしたり…。

バッテリーテスト結果はサービス用MacBook AIRの画面で見せてくれました。画面には下の図が表示されていてバッテリーを替える前は右下にありました。 この後、バッテリーの交換作業になりますがちょうど隣のお客さんのiPhoneはバッテリーが膨れていたらしく、交換作業は危険なためバッテリー交換ではなくバッテリー交換の価格で本体交換になりますと説明を受けてました。 ギガジンさんでバッテリーの爆発の記事がありましたので本当にやばいのね。

さて、バッテリー交換後のテストでは左上の丸の位置になりました。 なんとなく速くなったきがしますがベンチマークを取り忘れたのでプラシーボ効果かもしれません。 ちなみに下半分にバッテリーがあるのは良くない状態のようです。

iPhoneバッテリー交換

まとめ

バッテリーの充電に関しては家ならコンセント、クルマならシガーソケット、モバイルバッテリーといろんな手段があります。 でもバッテリーが劣化しているからと速度を落とされちゃうと対抗手段はバッテリー交換しかありません。

SAMSUNGのスマートフォンでバッテリーが爆発したり燃えたりと、いろいろ騒がせるニュースもありましたしリチウムイオン電池の制御は難しいのかもしれません。

今後もアップルはiOSによって制限をかけていくと思われます。今回の3年以上使っている iPhone6の場合でもバッテリーの性能は80%以上あるとのことでした。 このことからも「バッテリーのもちが悪くなったら交換する」のではなく遅くなったと感じたらソフトウェアでチェックしてバッテリーを交換しようと思います。 通常でも8000円ほどだしね。

ブログ村ランキングに参加してます! クリックしてね!(ะ`♔´ะ) ガルルル

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



飼い主さんが描いているLINEステッカーです!買ってね❤️

犬(コーギー)の毎日の行動と表情のスタンプです。わんこの定番からコーギーあるあるまで犬好きさんに使ってもらいたいスタンプ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする